2009年12月16日

塗り弓制作

001.jpg
今日は塗り弓の糸切りの段差を研磨しました。千段巻になっていますが、上から下まで通しで糸を巻いています。とばす部分には糸がありますが、漆を塗った後に、このように切り取ります。そしてこの段差をなくしておかないと、今度漆を塗ったときに、段差がそのまま出てしまいます。とても細かい作業でたいへんですが、重要な作業です。これから素黒目漆(すぐろめうるし)という、透明な漆をかなりの回数塗っていきます。


ラベル:弓 塗弓
posted by 漆弓具工房 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。