2010年09月25日

千筋矢筒(コヨリ編み)

コヨリ編みによる千筋の矢筒が編み上がりました。編むのはものすごい手間がかかりました。何年もかかりました。コヨリ編みは、同時に他の仕事と並行してできないことが難点です。ずっとかかりきりになってしまいますので、値段と手間を秤にかけると全く割に合わない仕事といえます。この仕事もそのうちなくなってしまうのではないかと思います。ただ、千筋の矢筒は軽いのが長所です。中子と合わせた重さが180グラムです。漆をぬって完成させてもおそらく200グラムちょっとだと思います。この良さをわかってくれる弓道人も少なくなってしまいました。値段も高いですからね。
sensuji2.jpg
sensuji1.jpg


posted by 漆弓具工房 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | こより編み矢筒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。