2010年11月13日

塗り弓第一段階

古い柴田勘十郎の弓の塗りです。第一段階として、装束を外し、節を落として角をとり、また表面の竹の皮を剥がします。漆の食いつきを良くするためには欠かせない作業です。2日がかりの作業になりました。塗り弓11-13.jpg


posted by 漆弓具工房 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 塗り弓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。